2019年8月の投資成績

楽天証券 +23,949円 ここで、ついに日本市場での投資をやめることにした。 2017年から始めて -1,583,227円のマイナスで日本市場の投資を終了。 給料の二ヶ月分と考えると、まあなんてことはない数字なんですが、ちょっと以下の理由でやってられないなあって思いはじめまして( ´ω` ;) 日本市場での投資をやめた理由 端的に言うと、機関投資家のひどい売買に辟易しました。 日本市場は基本的に機関投資家に有利にできているため、個人投資家で正直かなり厳しいと感じたためです。 なので、今後は配当と優待狙いの投資のみ行う方向にシフトしました。

2018年11月の投資成績

楽天証券 -759,540円 ふーむ、まあ現物の損切りしただけなのでまあいいや( ´ω` )(現物-840,916円/信用81,377円) 思ってたよりメルカリがイマイチな会社な雰囲気になってきたので、売ってRIZAPを買い集めようかと悩み中・・・。 RIZAPは松本さんがいる限り大丈夫だと信じてる。株主総会見てまた好きになったのさ( ´ω` ) しかし今月も乱高下を続ける毎日、ホントにいつになったら落ち着くんだろか( ´ω` )? 今年は異常らしいが、まだ兼業2年目なのでよくわからぬぬぬ。

2018年10月の投資成績

楽天証券 -5,037円 今月の下げは本当にやばかったようですね( ´ω` ;) 日経の10月の下げは2199円のだったようですが、これはリーマンショック以来の値下げだったようです。。。 その中でほぼトントンで終われたのは奇跡かもしれない( ´ω` )b まあ買うお金がなかったんですが・・・ そろそろ風向きが変わってくれると嬉しいなあ。。。 しかし騰落レシオってホントにあてになるんだなあって思った今日このごろ。

2018年9月の投資成績

楽天証券 -109,085円 こんなに取引しなかったのは初めてかもしれないくらい全然売買しなかったなあ・・・( ´ω` ;) 仕事がファッキンな状況で、メンタル的に余裕がなかったのが大きいかなあ。 最近はなんだか何を買えばいいのか、もはやわからん。 とはいえ、まあ四季報チェックして地道にやっていくか・・・( ´ω` ) そういえば、一つの銘柄に執着しなくなってきたなあ。 少しはうまくなっただろうか。

2018年8月の投資成績

楽天証券 -996,524円 ズドーン!!( ´;ω;` ) ずっと持ってた現物アエリアを赤字決算で切ったわけですよ( ´ω` )ふぅ まさかのねぇ・・・今後長いスパンで見ればあれだと思うんだけど、やっぱり前に総会に見に行ったときの印象がとくによくなかったから、もう良いかな。 あとまさかのフージャースの赤字決算に吹き飛ばされました。。。orz こっちも総会でもイマイチな印象だったんだよなあ・・・( ´ω` ) というか8月のボラはひどすぎると思われる。今月勝てた人はいたんだろか・・・( ´ω` ;) そして もう絶対に決算で勝負など仕掛けないと決めた。

nuxt.js と Passport で Twitterログインを実装する

tl;dr nuxt.js + passport-twitter でTwitterログインを実装した。 これはNuxt.jsとLaravelを使ってTwitterログイン機能を実装するにインスパイアされて書いてます。 上記の記事では、サーバサイドをLarabelで用意していますが、 そういえばnuxtのserverMiddlewareを使えばいいんではないかって思って実装したものです。 twitter developer にて アプリ作成(省略) アプリの説明を300文字書かなきゃいけなかったりとかこんな面倒だったっけか・・・ Callback URL に http://127.0.0.1:3000/callback を設定。 (localhostは登録できない) Consumer KEY と Consumer

2018年6月の投資成績

楽天証券 +138,590円 ふぅ・・・メルカリはマネックス証券で100株当たってくれたので、BB参加してよかった・・・。 今月は本当に相場の波が激しくて、毎日ヒヤヒヤしてました・・・。 6/25くらいに騰落レシオ的にも底だろうなあと思っていたけど、まだわからない感じ。 ちなみに2月の暴落時のときは71くらいだったので、まあこれ以上下がったら・・・理由が後付しにくい気はしてた。まあそもそも理由なんてないと思ってるけど。 Twitterとかで株歴10年以上の猛者を見てる限り、今月は難しい相場だったらしい。。。まあそうだよねぇ・・・( ´ω` )そろそろ空売りとか出来るようにならないと。 株式投資を始めて1年経った ということで今月で株式投資を始めて1年間経った・・・。 Twitterで煽られていた株を買って、勝ちまくっていた去年の7月から、アエリアショックで-200万食らって泣きそうになったり、そのおかげで自分で四季報をちゃんと読むようになったりとかテクニカル手法を学んだり、

2018年5月の投資成績

楽天証券 -48,866円 うーむ・・・シルバーライフを底で投げ売りしてたのがとても後悔だわ。。。( ´ω` ) それがなければ+で終われたのに・・・。 みんな長期で持たずにすぐに逃げてる感じがして毎日変動が激しすぎる...orz もう日本株の持ち分減らして海外株に移行しようかなって感じがしてきた。 とりあえずメルカリのBBに入れるための資金動かしてるからそれが終わってからかな。

2018年4月の投資成績

楽天証券 +631,567円 シルバーライフを全部利確。 ソーシャルワイヤーは決算持ち越ししてみたが、、、失敗した。。。orz とはいえ、まだまだ今後は期待出来るので、ナンピン買いで食い下がる予定。 マネラップ(MSV LIFE) 退会。 しかし、最近は四季報見てても良い会社が見つからなくて、困る・・・( ´ω` ;) 今年のテンバーガー銘柄はどこかにあるはずだけど、全然予想できぬ。。。

オブジェクト指向をDisするときに使われるゴリラ・バナナ問題とは

ゴリラ・バナナ問題とは オブジェクト指向は再利用性がないという問題に対して、最近よく読むのがゴリラバナナ問題だ。 これはErlangの開発者のJoe Armstrong(ジョー・アームストロング)の再利用性について語った話らしい。元は2009年の本 原文はこう。 The Gorilla / Banana problem: I think the lack of reusability comes in object-oriented languages, not functional languages. Because the problem with object-oriented

2018年3月の投資成績

楽天証券 +573,310円 暴落の回収がなんとか出来た感じ( ´ω` ) シルバーライフの株式分割はラッキーとしか思えない。 今のところ含み益+400,000円くらい。 マネラップ(MSV LIFE) -1,449円 うーむ、、、ポートフォリオを見直してみた。 ちなみにこれがLevel8。 これがLevel 1。 正直日本株は自分で買えるから買ってほしくないと思ってLevel下げると今度は国内債券なんぞをたくさん買わされる・・・( ´ω` ) なんかこのポートフォリオしか選択出来ないんじゃあ辞めようか考え中。 しかも1年経ってもまだプラスにならないし。終わってる感。 ということでプラスに転換した時点で退会して楽天証券で米国株式か中国株式を買う予定。

Webpack4でjsとは別に複数CSSファイルを出力する

やりたいこと 外部CSSフレームワークのCSSを自分のjsにbundleせずに読み込みたい。 例えばよくあるのがBootstrapのCSSを読み込んで、かつ自分のReactコンポーネントではcss-modulesやreact-css-modulesを使いたいという場合の忘備録。 必要なものをインストールする npm install --save webpack webpack-cli css-loader extract-text-webpack-plugin@next react-css-modules css-modules vendorのscssファイルをまとめたものを用意する。 /vendor/css/import.scss 自分のscssファイルは各自コンポーネントで読み込む。 src/index.jsとかでimport styles from './index.scss';で使う。 e.g. import

Every JavaScript Developer Should Know memo

原文 JavaScriptアプリケーション開発者にとって重要な2つのプログラミングパラダイムを挙げることができますか? Classの導入。prototype継承。 関数型プログラミングとは何ですか? 副作用が少なくプログラミングが出来て、言語ではScala、Haskelなどがそう。 古典的継承とプロトタイプ継承の違いは何ですか? クラスは階層的な構造を作成できる。 プロトタイプ継承は機能の継承や、別機能を連結したりできる。 関数型プログラミングとオブジェクト指向プログラミングの長所と短所は何ですか? オブジェクト指向のメリットとしてはオブジェクトが理解しやすく、多言語でも広く使われている。 デメリットとしてはステートフルなオブジェクトであった場合などに管理が大変だったりする。 関数型のメリットとしてはステートレスなため、状態の管理などをする必要がなくなる。 デメリットとしては数学理論から採用されているものが多くあるので、オブジェクト指向に比べて学習曲線に差がある。 古典的な継承はどんなときに適切な選択ですか? Javascriptにおいて基本的にはあまりないが、React.Componentを利用している場合は必要。 プロトタイプ継承はどんなときに適切な選択ですか? 基本的にはプロトタイプ継承を使う。Object.createなどを利用。 「クラス継承よりもオブジェクトの構成を優先する」とはどういう意味ですか? オブジェクト自体を考えるのではなくて、オブジェクトの構成を考えるべきということ。 双方向のデータバインディングと一方向のデータフローとはどのような違いがありますか?

CircleCI+AWS-CodedeployでStaging環境などに自動デプロイさせる

やりたいこと CircleCI+AWS-CodedeployでStaging環境などに自動デプロイさせたい。 AWS-Codedeploy AWS-Codedeployは現在、以下の2つの方法でデプロイができます。 S3に上げたソースコードを展開 Github上のソースのcommitハッシュを指定して展開 CircleCIでAWS-Codedeployというと大抵の場合はS3方式を利用しています。 ちなみに本家のdocもそうなってます。他のqiita記事もたいていは。 https://circleci.com/docs/1.0/continuous-deployment-with-aws-codedeploy/ ここではS3に固めて上げる冗長な作業は抜きでGithub+コミット番号から直接デプロイする方法で行います。 AWS-Codedeployにて(ConsoleUIとか) デプロイ対象のサーバにcodedeploy-agentをインストールしておく。 アプリケーションを作成する(割愛)。 appspec.ymlでデプロイコマンドなどを用意する(割愛)。 一度、デプロイメントを作成して、Github経由で更新が出来ることを確認しておく。 ※説明の便宜上、