楽天API用Androidクライアントを作ってみた

表題の通り楽天API用のAndroidクライアントを作成してみました。
楽天API
実装はメソッドチェーン風です。

初めてのAndroidライブラリの作成と公開だったのでいろいろ大変でしたが、
なんとかJCenterに公開出来てよかったです(´ω`)b
しかしJCenterの承認?許可?に24時間くらいかかったわけですが・・・(汗)

以下はREADMEに書いてありますが、一応。

使い方

dependencies {
  compile 'biz.devalon.stella:rakutenapiclient:0.0.7'
}

Github

未対応APIについて

OAuth認証が必要なものは省いています。
いつか対応できたらいいな・・・。

なぜIONを選んだか

このライブラリのHTTP接続部分はIONを利用しています。
本当はRxAndroid+Retrofitでかっこよく作りたかったのですが、
以下の理由によりやめました。

・Android界の神ことJakeWhartonはPOJOがあるべきだという考え。
つまりJsonObjectは使うべきではないという考え。

・たとえPOJOを作成しても、非公式なので今後のupdateで使えなくなる可能性

よってJsonObjectも許容しているIONになりました。

もちろん 本来であればREST APIを叩く場合はJSONの形式は確定しているし、
変更もありえないですが、今回ばかりはしょうがないかなと思ってます。